イベントに出る事

【イベントに出る意味って?】

※あくまで私の個人的意見です。

集客セミナーとか、異業種交流とか、

女子力何とかイベントとか

色々出ましたが

なかなかピンと来ない時期が数年・・・。

 

そうする中でここ最近、

イベントに出て「収益が出た」「お客様が来た」

となって来た、その理由を考えてまとめてみました。

 

最初は誘われるまま

無意味に出て色んな後悔を味わいましたが

それを「ほったらかしにしない」事で

少しずつ「無意味を、有意味」に変えて来られたような気がします。

 

もちろん正解では無く

正解は人それぞれではありますが、

「無意味なイベントに私出てる〜?」と思う人の

参考になればと思いまとめてみました。

以下は私の失敗とその原因です。

----- ------ -----

 

□お客様ゼロとか、2〜3人しか来ない。

➡主催者やイベントのテーマ、イベントの規模を確認しなかった。

勢いで「あ、貴女も出ない!?」とノリで誘われ出てしまった。

主催者がブース代を集める目的だけのイベントには絶対出ない。

集客が出来る人が集まっているかどうか見る。

自分も楽しく声かけが出来るイベントかどうか見る。

ちなみにね、最近出ている

イベントの主催者の方やスタッフの方はとてもお仕事に熱心です。

出店者の我々にも、とても丁寧に対応してくださいます。

だから、私も、一生懸命宣伝しようって気持ちになります。

楽しい声かけが自信を持って出来ます。

 

□ブース代払ったらおしまい

➡出店料3,000〜5,000円払ったら赤字になるのは当たり前。

こんなに取るのに、フライヤーやイベントページ一無い。

そういう主催者、時々います。

しかも準備、後片付け、レイアウトも、出店者が全部するとか。

ワンコイントリートメントだと、10人ちかくの施術がタダ働きなる。

何時間分ですか?ってことです。

そういうイベントって、職業・・・ではなく、

趣味の延長のメンバーが集まっていた事が多かったです。

そして、内容ではなく、安く、お得なブースしか回らないお客様しか来ないという

つらいスパイラルに1日どっぷりいる事になっていました。

 

 

□コラボで割り勘したら利益なんて出ない。イベント出るなら、1人の責任でブースを出すのが良い。

特に、トリートメントとクラフトはコラボさせない。

➡マッサージは利益率はいいが体力がいる。自分のペースでするためにも1人が良い。

技術にも差が出やすい。1人でする方が、良いも悪いも、フィードバックしやすい。

 

□暇だからよそのブースに行ってお金を落とすようなことはしない

そもそも出店者同士が回るほど暇なイベント・・・・ダメです。

➡出店者同士でお金を落とし合うだけで、何の利益にもならない。

収益の上がっていない人・・・仕事になっていない人と言う事だと思います。

 

□他店の人と名刺交換して人脈を広げた気にならない。

➡立派な肩書の名刺や、トークに惑わされがち。実際にどんな実績があるが確認する事が大事。

また、他の出店者が、自分のお客様になることはまずない。

自分のお店に後日来てくださる人は、お金を払って下さったお客様の中にいました。

※くれぐれも、私の場合です。

 

□自分の店のパンフレットや名刺を手に取ってもらう。そしてHPをいつ見られてもいいように日々準備しておく。

➡日々の更新、過ごし方、仕事への姿勢はとても大事。急に作り込むことは不可能です。

パンフレットや名刺も、定期的に見直す。

 

 

まだまだ、思った事はたくさんあります。

過去には「ワンコインのイベント」という設定のイベントに出て

500円のトリートメントの準備物に

荷物も台車で運ぶくらい、もりだくさんだったのが

今は、1000円、、、

場合によっては2,000円もメニューでもカゴ1〜2コの荷物で行うことが出来ます。

 

大事なのは「気持ちいい」と思って頂ける技術があると言う事。

誰が来ても、対応できる。という事。

ケガをしないで、体調を整えて、会場に笑顔で行く。それだけです。

 

持ち切れるだけの荷物、会場準備も30分もあればOK

家に帰っても後片付けも楽で

特に改めて買いそろえるモノもありません。

 

----------------------

イベント出店の、講座もしています。

ハンドトリートメントで4時間で7〜10人ほど施術しても

疲れません。

 

ハンドトリートメントは

2時間10,000円

 

出店の座学は

2時間5,000円

(知りたいことだけを学ぶ講座)

 

で、お伝えしています。

詳細は、お問合せ下さいませ(^^)/

 

2枚の写真、同じ様な内容の看板でも

お客様の入りが全然違うんですよ。

 

 

 

コメント