【ハーブの国際郵便が難しい2019年8月】

国際郵便で荷物(ハーブやオイル)を送る際

最新情報を得るのが難しかったので

2019年8月現在でどうしたか・・・

メモ代わりに残します。


【送りたかったもの】
🔹自家栽培のタイムのドライハーブ
🔹自前インフューズドオイル3種
🔹アロマクラフト(ジェル基材に精油を混ぜたもの)
これをカリフォルニアの伯母に送りたい

自分の畑で作ったハーブ使用。
インフューズドオイルに関して、

フロリハナで購入した市販品のサンフラワーオイル使用。

クラフトのベースのジェルも市販品。

 

※作ってところまでは順調だったのに・・・
---- ---- ----
【持込み状態】
それぞれをしっかり梱包して郵便局へ。
・口が開かないようにそれぞれセロテープで止める
・1つ1つをプチプチで包む
・さらにクッション封筒に入れる
・急がないのでSAL便で送る
・重さは約250g
・封筒に直接、宛名と送り主を書く

 

※全部エアパッキンで巻きました。

口の部分も、セロテープで巻いて、

液漏れしないようにしました。

※CDを送る用の封筒を使って(これもパッキン入りだったから)

住所を直接書いた。重さは250gくらい。

急がないし、

SAL便ていうのにしようと思って〒局に持ち込んだ。

どういう送り方があるかは、ここで調べたよ。

https://www.post.japanpost.jp/int/index.html

国際eパケットの情報も得たが、登録が面倒でこの時点ではやめた。
---- ---- ----
【〒局で問題だった事】
・封筒ではなく、伝票に記入がいいと言われ、伝票に書き直した。
・全ての封入品目について記載しないといけない。
・全ての封入品目に値段が必要(関税の関係)
・ハーブがもしかしたら引っかかると言われる。
・自家栽培だからといって無料は通じない。
・植物油は着火温度が60度以下は送れない。着火温度を聞かれた。(知るか!)

 

※最低限、内容品と値段が、関税の関係で必要らしい。

※しかも、英語(現地の言葉)で書かないといけない。

 

【結果】
・ハーブは自家栽培で無料だが一般的なタイムの値段を記載して欲しいとの事で適当な値段を付ける。
・インフューズドオイルは中に植物が浸かってるか聞かれた(今回のは濾したので浸かっていない)
・インフューズドオイルに関して、ハーブは自家栽培でもサンフラワーの値段を考えて値段を付けるように言われる
・着火温度を聞かれたが分からなかった
↓↓↓
着火温度が分からず、本日送るのは断念。
調べ直してまた来ますと、引き下がりました。
【郵便局の人】
近所の小さい局に行きました。
お昼の利用客のいない時間だったので4人中3人がかりでテンヤワンヤで調べてくださいました。困ってはいましたが、送り返されたら困るからと、不安点を解消する為に、細かな質問になりましたが、一緒に一生懸命調べて下さいました。

ただ、着火温度とか・・・。

普通の植物油、外国から仕入れられるのに・・・。

と、思ってしまいます。
----**----**----
【帰宅して調べたこと】
・ひょっとしてハーブは日本から送れないのか?
・輸入はどうなんだ?もしかして厳しいのか?
・自家栽培じゃなく、パッケージに入った市販の商品だったら送れたのか?
・インフューズドオイルにしても市販の商品だったら送れたのか?
・それなら例えば自宅の畑で育てた大根で切り干し大根を作ったとして、それは送れないのか?
・ちなみにこれがダメなら自家製の日本茶、ビワの葉茶、みたいなのは送れないのか
・例えば調味料類10点などとして、コンソメやだしの素など、差し障りの無いものに紛れていたら送れたのか

----**----**----**----
【余談ですが】
〠さんとの質疑応答がほとんどハーブ講座みたいになった。

🔹〠ハーブ🌿?ドライハーブって…自家栽培って?
→畑で植物育てて、その葉っぱを自然乾燥させたんです。
〠何の植物ですか?
→タイムです(って分からないだろうなぁ^^;)あのー、パセリみたいな、うーんと月桂樹とかパクチーとか分かりますか?色んな形態のハーブがあって、タイムって言う小さい葉っぱのハーブなんです。料理などに使います。それを日陰で乾燥させてジップロックに入れました。

🔹〠vegetable oilって?インフューズドオイルって?
→直訳だと植物油なんですけど、オリーブoilみたいなゴマ油みたいな、サンフラワーオイルはひまわりの種から取れるんだけど、それに色んなハーブを浸け込むんです。詳しく商品名を言えば浸出油なんですが。英語だとたぶんインフューズドオイルと言います。それが今回3種類入っています。(浸ける?浸出?な雰囲気)
・ ・ ・ ・
自分でハーブ育てて乾燥させてって時点で、どうやら怪しさ満載らしい。
🔹〠税関で見られる可能性ありますが…
→要は大麻みたいな怪しいハーブか?の確認ですよね?
〠はい(笑い)
---- ---- ----
ロンドンから講座で来られた先生が
確か日本の税関でハーブを取られたーって事があったのを思い出しました。

きっと本当にハーブ、植物、危険物系の取り扱いが難しいんだと思います。
もう少し調べてみたいと思います。

もしも何かいい情報がある方
最新の情報で
教えて頂けたらと思います。

ネットの情報もアップデート大事ね。
少し前のネット情報では、
参考にならない事が
今回よく分かりました(´・ω・`)


以上がFacebookでアップした内容です。

これが、以外にも皆さんも苦労されていて

コメントもたくさん頂きました。

自然療法好きな伯母に送りたいだけだったのが

物騒な世の中のお陰で

気軽になんでも送れない事が身に沁みてわかりました。

・・・

ただ、これで諦めたわけじゃありません。

それから色々調べて

無事送る事は出来ました。

長い話なので

【ハーブを国際郵便で送れたよ】

に続きます。

 

コメント