<< アロマテラピー☆ブラッシュアップ勉強会「春」 | main | 2019/05月 予定表 >>
2019.04.18 Thursday

カレンデュラの事

0

    【カレンデュラ/ポットマリーゴールド】

     

    <基本データ>

    学名:Calendula officinalis

    ハーブ名:カレンデュラ/カレンヂュラ

    英名:ポットマリーゴールド

    (potとつくのは”食用に出来る野草”の意味だそう)

    (ちなみに、officinalis=薬用の意)

    和名:トウキンセンカ

    (近縁種にホンキンセンカ/ヒメキンセンカC.arvensisがあるので混同しない)

    科名:キク科

    (キク科アレルギーの人は注意)

    利用部位:花弁

    (花弁には、ルテイン(カロテノイドの一種)を多く含んでいるそうです)

    作用:発汗、解熱、殺菌、抗ウイルス、血液循環、外傷、皮膚炎、胃の炎症、生理痛、目の不調など

    (通経作用もあることから、妊娠中は使用しない方がいいですね)


    ◎花の成分:カロチノイド、フラボノイド、サポニン、多糖類

    (水溶性、油溶性、の成分があるので目的によって何で抽出するか変わってきます。)

    ◎花言葉:「別れの悲しみ」「悲嘆」「寂しさ」「失望」

    (ギリシャ神話の悲しい恋愛話から来るらしいです(笑))

    ◎一年草、多年草とあるらしいのですが、

    ハーブとして使えるのは原種の一年草だけだそうです。

    ◎小話:カレンダー(Calendar)の語源だそう。


    利用方法:(無農薬である事が前提)

    ◆ハーブティ

    (熱水で抽出。浸剤にもなる)

    鎮静、身体を温める、粘膜の保護、健胃

    ◆浸出油

    (植物油などで抽出。インフューズドオイル)

    軟膏やトリートメント等、基材として利用

    肌の修復や、粘膜の修復(カロテンより)

    殺菌作用(タンニン、カレンデュリンリン)

    ◆チンキ剤

    (アルコール等で抽出)

    飲用・化粧水などに利用

    ◆生のまま

    (エディブルフラワーとしてサラダやお菓子などに)

     

     

    ※額田医学生物研究所HPより一部引用


    【その他私の利用実績、調べた事】

    ◆カレンデュラ種類色々

    原種(1年草でポットマリーゴールドと呼ばれるもの)にも

    いくつか種類があり、中心が(おしべ、めしべ)

    茶色いの黄色いのありますが、

    抽出油にするのにはどちらでもOKだそうです。

    花びらも、オレンジや黄色がありますが、ポットマリーゴールド

    オフィシナリス種であれば大丈夫。

    オフィシナリス(officinalis=薬用の意)

    私は、このオレンジが見た目からも元気になるので

    この色のが好きです。

     

     

    ◆カレンデュラ乾燥

    乾燥させる際の注意は、摘んだばかりは水分で重いけれど

    乾燥して花びらがチリチリになってきてパラパラになると

    せっかく乾燥した花びらが飛んでしまうので、

    干し方には注意が必要です。

    干物干しのカゴとかに入れて乾燥した方がいいです。

    ザルに入れたままベランダに置いて置くと

    風でひっくり返る事もあるので注意しながら乾燥しましょう。

    (何度か私はやらかしました(/ω\))

     

    本当にキレイなんですよ。このハーブ。

    しっかり乾かしたら、保存瓶などに入れ

    乾燥剤なども入れて保存した方がいいです。

    水分が残っているとカビや、雑菌の原因になりますからね。

     

    そして、私は、その年に使う分予定がある分ずつ、

    乾燥させてなるべくすぐに使うのが

    いいと最近思いながら花を摘んで乾燥させる事にしています。

     

    ・リップクリーム

    ・トリートメントオイル

    ・ミツロウクリーム

    などに入れますが、余分に作り過ぎて

    ダメにしてしまうよりも、

    使い切る事が大事だと思っています。

     

    手作りのモノは酸化したり、雑菌の繁殖など可能性が

    市販のものよりも高いです。

    ですから、新しいものを、使う分だけ作る。

    それが自然とのバランスにもつながるような気がします。

     

    生徒さんや、欲しいとおっしゃるお客様に

    分けて差し上げる事もありますが

    できるだけ本当に使う人、使ってみたいと思われている人に

    お分けします。

     

    ◆ハーブティ

    適当(1人分ひとつまみくらいかな?)に入れて、お湯をお注いで

    5分ほど待つと、色(日本茶の様な色)が出てきます。

    オレンジ色にはなりません。

    味もクセがなく、薄い日本茶の様です。

     

    ポットの中が、フワフワの花びらで

    キレイですよね。

     

     

    ハーブティだとポリフェノール類が出てくる様です。

    抗酸化、抗炎症、血管拡張、血流改善だそう。

    ノンカフェインです。

     

    ◆浸出油/インフューズドオイル

     

    ・傷ついた皮膚や粘膜、
    ・肌荒れやニキビ、

    ・日焼けしたあとのお手入れ、

    ・軽いやけどのケア、
    ・肌のかゆみや炎症、

    ・乾燥による肌荒れ、
    ・皮膚のトラブルに

     

    ◎温浸法(マセレイテッド)

    湯煎で3時間ほど加熱しながらハーブの成分を抽出。

    カモミールやカレンデュラなど、
    精油成分が多いハーブ、加熱しても成分が壊れにくいもの

    などが温浸法向きといわれています。

    ローズマリー、ラベンダー、バジル、タイム、ジュニパー

     

     

    ◎冷浸法(アンフルラージュ)

    常温で抽出。日光に当てて2〜3週間。

    加熱すると成分が壊れやすいハーブ。

    セントジョンズワートや

    カレンデュラでもこれを使う事が多い。

    他に、ローズ、セントジューンズワート、ネトル、

     

     

    ※カレンデュラに関して温浸、冷浸、

    どちらがbestな抽出法か、調べてみましたが

    私には結論が出ませんでした。

    温浸出来るものはほとんどのものが

    冷浸でも抽出可能だそうです。

    早く使いたい時は温浸が早いですね。

     

    【注意】

    ハーブティ、浸出油を使ったクラフトなど

    自然療法は自己責任で行うのが原則です。

    カレンデュラを始め、植物には、

    薬効成分がありますが

    それぞれが自己の責任のもとで使用しましょう。

    この記事によって何らかの不調や事故に関しての責任も

    ご利用したご本人様にある事をご了承下さいます様

    お願い致します。

     

     

     

     

    2020.09.17 Thursday

    スポンサーサイト

    0
      コメント
      コメントする








       
      Calendar
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      27282930   
      << September 2020 >>
      PR
      【取得資格】
      【(公社)AEAJ認定アドバイザー・インストラクター ・アロマセラピスト ・環境カオリスタ ・ブレンドデザイナー】【NARDジャパン アロマアドバイザー】【AJJアロマコーディネーター協会 アロマコーディネーター】
      【受付時間】
      受付13:00-18:30
      【お問い合わせ】
      masako.aroma@gmail.com
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recent Comment
      • 香川県・高松市西植田・澳(オキ)オリーブの事
        澳敬夫 (01/22)
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM