<< 9月の予定表 | main | アロマテラピー☆ブラッシュアップ勉強〜秋〜 >>
2020.04.23 Thursday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2018.09.05 Wednesday

    マタタビ酒:季節の手仕事

    0

      【マタタビ酒:季節の手仕事】

       

      先日蒜山高原の風の家(道の駅)

      マタタビ発見!:

       

      お店の人に聞くと

      アルコールに浸けて飲むらしく

      とりあえず購入してみることに・・・

       

      猫にマタタビですが

      人間には、どの様に効くんでしょうね〜

      そして、この何とも奇妙な形!

      興味深々・・・、はい調べよう〜

      って調べ出したらさぁああああ

       

      「!!」「え!!」

      「虫が・・・中にいるんですか?」

      ・・・・あまり受け止めたくない事実ですが

      このマタタビの実、卵?幼虫?いるかもしれない。

      ととと、とにかくこの実に産卵して

      こここ、こんな形にらるらしい。

      普通に育てば「どんぐり型」で、色づいていくそう。

      それが・・・

       

      ・・・この「カボチャ型」

      =「虫エイ」って別名が付いているらしく

      マタタビアブラムシ・タマバエなどの虫が寄生して・・・

      って。

      オイオイ・・・この中に、一体何が入っているんだよ。

       

      「虫エイ」は、正常な果実や、葉、茎にくらべて

      マタタビ酸の成分が空気中に逃げる発散が少ないらしく

      マタタビ酒を漬ける人は、この

      虫エイ」をわざわざ選んで浸ける

      らしい・・・。

      どんぐり型は、木になり続けるけれど

      カボチャ型は落ちちゃうんだって。

      だから、マタタビの実ハンターは、

      探して選んでこの実を取るんだって!

      夏には、

      この実を探して山の中で争奪戦が繰り広げられてるのか!

       

      色んなサイトを読むうちに

      「これは、とても貴重な、素敵な実」

      に、思えてきた。洗脳されて来たよ。

      うん、

      よし、この気持ちのまま、勢いに乗って浸けてしまおう。

       

       

      ほ〜ら、浸けたよ。

      ホワイトリカーと氷砂糖も入れました。

      入れなくてもいいって、書いてあったけれど

      甘い方が飲みやすいかも・・・と思っていれました。

      少しでも、美味しいのがいい。だって・・・ねぇ。

      3日後には、茶色いエキスが出てきました。

      効きそう〜〜〜

       

      半年〜1年後、しっかり濾して

      い・ろ・ん・な・エキスの入った、栄養ドリンクとして

      有り難く頂きたいと思います。

       

      試してみたい方は、

      2月以降に声をかけて下さいね。

      あ、ただし、その場で飲む方は運転NGですよ〜。

       

      季節の手仕事は面白い。

      自然の恵みはびっくりがたくさんで。

      誰が気付いたんだろうね、ムシ入りの方が栄養が高いってね。

       


      【マタタビに関して】

      ・熱湯にくぐらせ殺菌・殺虫してから

      天日で乾燥させてから浸ける方法がある。

      ・お酒ではなくて、乾燥マタタビを

      お茶として頂く方法がある。

       

      冷え性、神経痛、リウマチ、利尿、強心

      などに有用らしいけれど、

      諸説あります。

      やはりこれも自己責任利用の一つですね!

      半年後を楽しみにしたいと思います。

       

      【参考】

      http://www.e-yakusou.com/yakusou/790.htm

       

      ちなみに

      マタタビはこんなに可愛い花が咲くんだよ

      (写真は雄の木の雄花かな)

      白い葉っぱと白い花。

      雄と雌の木、さらに両性株もあるんだって!

      自分らではどうにも受粉がむずかしいから

      虫たちに寄ってきてもらう為に

      こんな目立つ植物になって、

      受粉を手伝ってもらう代わりに、実を提供するのか・・・

      産卵された実は、地面に落ちて

      そのまま幼虫の食料になるという。

      動けない植物の知恵、この子たちの工夫はスゴイと思うよ。

      全部に産み付ける訳でもなく

      虫たちの産卵の為にも

      植物の種として残す分(どんぐり型)もあるわけでしょ。

      このサイクルが、たまらんな〜

      ああ、こんな話は止まらなくなる。

       

       

      2020.04.23 Thursday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         
        Calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>
        PR
        【取得資格】
        【(公社)AEAJ認定アドバイザー・インストラクター ・アロマセラピスト ・環境カオリスタ ・ブレンドデザイナー】【NARDジャパン アロマアドバイザー】【AJJアロマコーディネーター協会 アロマコーディネーター】
        【受付時間】
        受付13:00-18:30
        【お問い合わせ】
        masako.aroma@gmail.com
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        • 香川県・高松市西植田・澳(オキ)オリーブの事
          澳敬夫 (01/22)
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM